その日一番の「立山」をご案内します

3000m級の峰々が連なるフィールドを舞台に安全と自然に配慮しながらひとりひとりに合わせたプライベートプランであなただけの山時間を演出します。

3000m級の峰々が連なる立山は、世界有数の豪雪がもたらす雪と氷の世界に始まり、高山植物が咲き誇る夏の山、山一面が色づく紅葉の季節へと四季の移り変わりとともに様々な表情を見せ、圧倒的なスケールでそこに存在しています。またライチョウをはじめとした高山帯特有のかわいらしい生物がわたしたちを出迎えてくれます。そんなフィールドを舞台に、『その日一番の立山を体感してもらいたい』というコンセプトのもと安全と自然に配慮しながらひとりひとりに合わせたプライベートプランで立山で過ごす時間を演出します。

新着情報 -news- 

2020/09/22

ツアーレポート「立山縦走コース」

 

2020/09/11

ツアーレポート「立山コース」

 

2020/08/17

ツアーレポート「立山コース」

 

2020/08/06

立山を縦走してきました!

 

 

 
晴天に恵まれた4連休、雷鳥沢テント泊で立山を縦走してきました!全国版のニュースでも報道されていたようですが、20日のキャンプ場は前代未聞の大混雑(テント956張り??オフィシャルのデータではキャパ300張りなのですが、、)。その翌日、訪れた時には半数ほどになっていましたが、それでも近年稀にみる混雑状況でした。山小屋の宿泊定員制限、密を避けたテント泊、初心者でも利用しやすい環境、もろもろの要素が重なったようです。連休最終日の22日は登山者も少なく雄山~別山までロングコースの稜線歩きを満喫できました。 
 

 
ご夫婦で立山に来てくださいました。奥さんは初登山ということでしたが、無事雄山に登頂することができました!道中、写真を撮ったり、山頂では山ご飯を作ったりと山で過ごす時間をとても楽しんでいるように感じました。ここ数日は日本海付近に停滞する秋雨前線の影響で不安定な天気が続いていますが、今日はお昼過ぎまで青空が広がり気持ちのいい山歩きを楽しむことができました。(午後はにわか雨となりましたが、、)9月に入っても連日30℃を超える残暑厳しい日が続き、山の上もまだ夏山の気配が漂っています。
 

 
全国の一の宮参拝をされているお客さまを雄山山頂(3003m)の雄山神社 -峰本社- へご案内させていただきました。登山経験はほとんどなしということで、高所環境への適応と足腰の筋力がもつかなど少なからず心配していましたが、天候にも恵まれスムーズに登頂することができました!新型コロナウィルスの影響で山頂社務所の開所期間が短くなっており、今年は本日まで(例年は9月末頃まで)というギリギリのタイミングで念願の御朱印も拝受することができました。山頂からは富士山も眺望することができ思い出に残る1日となりました。
 

 
夏空の中、立山を縦走してきました!8月2日に北陸地方もようやく梅雨明けが発表されました。今日の富山市はフェーン現象の影響で全国一位の37.5℃を記録していたようですが、山の上は心地よい風が吹き快適に歩くことができました。
今年は梅雨時期の雨が多かったせいか残雪がとても少なく、登山道上の残雪は一の越に向かう途中一カ所のみでした。例年は県内小学校の立山登山などが重なり、雄山までの登山道は一番賑やかな時期ですが、今シーズンは混雑しているところは全くありませんでした。山頂雄山神社でのご祈祷も中止しているため太鼓の音が鳴り響かない静かな山頂でした。

ツアープラン -tour plan-

少人数向けのプライベートツアーから貸切バスを利用した募集ツアーまで、様々なプランでご対応いたします。 

 

 プライベートツアー

おひとりさまから家族や友人同士などの少人数グループまで、他の参加者に気兼ねなく自分たちのペースで山歩きを楽しむことができます。ご要望に合わせたオリジナルプランでご案内します。

 テーマ型募集ツアー

立山ならではのテーマのもと旅のストーリーを進めていきます。山を歩いたことがない方、初めて立山へ訪れる方にも気軽に立山の魅力を満喫してもらえるよう心掛けて企画しています。

 貸切ツアー・その他

人数が集まれば貸切バスを利用してお好きな場所からお好きなツアーをスタートさせることも可能です。ご希望のツアーコースまたはツアーイメージなどお気軽にご相談ください。

トラバースについて

旅(Travel)とそのフィールドとなる地球(earth)、この2つの単語から 「Travearth」 という社名を作り、地球を旅していく様を表現しています。
また、トラバース=「山の斜面を水平に進む」という言葉の意味から、山に登ることだけが目的ではなく山で過ごす時間を楽しもうという思いを込めました。

プロフィール

大塚 憲一

Otsuka Kenichi

1979年 東京生まれ
富山大学理学部地球科学科で雪氷学を専攻し立山の雪の研究をする。これがきかっけで立山に頻繁に通うことになり山の魅力に惹きつけられる。卒業後、立山の山小屋で勤務しその後ツアーコンダクターとして活動する。2006年結婚を機に仕事を辞め夫婦で世界一周の旅に出る。各国で様々な現地発着ツアーに参加し日本では一般的でなかった旅のスタイルに興味を持つ。2010年登山ガイドの資格を取得し、株式会社Travearthを設立。
 
(公社)日本山岳ガイド協会 認定登山ガイド 立山ガイド協会所属
総合旅行業務取扱管理者
旅程管理主任者

トラバースは立山をメインフィールドにツアー企画・トレッキングガイドをしています
 
富山県知事登録旅行業第3-276号 全国旅行業協会正会員